Posts categorized "総括"

July 28, 2014

留学持ち物まとめ

留学生活も終わりが近づいてきたので、ふりかえって色々とまとめてみたいと思います。

まずは、持ち物・買い物編。


★日本から持ってきてよかったもの。

・包丁・まな板
こっちでも買えるけど、後で処分したりも面倒なので、家で気に入って使っているのを持参。刃物はチェックインする荷物に入れれば大丈夫なので別に言い訳とか考えなくても大丈夫(笑)。菜箸も持ってくればよかった!(こっちで買うと高い)

・食材
封を開けてなかった醤油や粉末だし、乾物類も持ってきたんだけど、寮に入ってすぐに体調をくずしたので、あったかいおつゆを作って飲んだりできたのはすごくよかった。ロンドンの場合、日本食スーパーで食材は何でも手に入るのであまりこだわらなくても大丈夫。ただ、ちょっと高いので、荷物に余裕があれば持ってくるのもおすすめ。重いものではないし、ちょっとしたおみやげにもできる。私が頼りにしてたのは味付けのりと梅しそ味の柿ピー。

・ラップ
イギリスのラップは日本のラップとは別のものだと考えた方がよい。ふにゃっとして切れない(ので基本はハサミを使う)し、ピタッとくっついたりしません。ので、日本のラップを持参するとしあわせになれる。
ある友人は「イギリスのラップを経験していない人はイギリスで暮らしていたとは認められない!」と言っていました(笑)。

・洗濯物干し・洗濯ネット
100均で買える小さい物干しが、寮の部屋や旅行先で下着を洗濯する時などに役立った。
洗濯ネットは洗濯ではあんまり使わなかったけど、旅行荷物の仕分け等に便利。
どちらもこっちでは売ってないので買っておくとよい。

・常備薬一月分
鎮痛剤・アレルギーの薬など、常備薬一月分ぐらい持っておくと安心。でも基本的には薬局(ケミスト)で何でも買えるので、それ以上持つ必要は無い。鎮痛剤(パラセタモール、イブプロフェンなど)や抗アレルギー剤(ロラタジン、セチリジンなど)はかなり安く買える。(一箱1ポンドを切ることも!)処方箋もGPで出してもらえるので特に心配いらない。(一件8ポンド弱)生理用品も一月分用意しておけば、あとはこっちで買える。

持病のある人は、英文の診断書と薬剤の英訳を用意しておくといいかも。

・化粧品
特に肌が弱かったりアレルギーのある人は、基礎化粧品は持参した方が安心かも。
私はアレルギーで使えない成分があるんだけど、英語でいちいち成分表チェックするのは面倒だから、いつも使ってるやつを持ってきてよかったと思う。ちなみに化粧水と乳液を二本ずつ持ってきたけど使い切りませんでした。

特にそういう心配がない人は、ドラッグストアにいろいろ売ってるからあんまり気にしないで大丈夫。色モノとかはこっちで買うのが楽しいかも。

ちなみに私は来てちょっとした頃にアトピーが悪化したので、ほぼ一年スッピンで過ごしました。たぶんメイクしたの2,3回だったと思う。それでも誰も何も気にしない(笑)。ま、学生だしね。

・傘
日本では質のいい折りたたみ傘が500円ぐらいで買えたりするけど、あらためてすごいことだと思う。
ちなみに長い傘を持ってる人はあまり見かけない。降ったり止んだりするからかな。
あと日傘もほぼ見かけない。夏になるとむしろみんな服を脱いで日光に当たりに行く(笑)。でもロンドンの長くて暗い冬を越すとこういうのも理解できるようになります。

・日本語の本&ガイドブック
ロンドンには日本語の本を扱う書店もいくつかあって、マンガやガイドブックなんかも買えるんだけど、高い。
でも荷物に入れると重くなるんだよね…。
私は日本から遊びにくる友達にamazonのギフト配送で送りつけて持ってきてもらうというワザを使いました。

・ペン・替え芯
日本の文房具はやっぱり優秀!日本製のペンもいろいろ売っているけどびっくりするほど高いので、ボールペンやマーカーなどは少し多めに持ってきてもいいと思う。替え芯もお忘れなく!私の愛用するJetstreamの替え芯はamazonで探すと5ポンドぐらいしてた。unbelievable!

・パソコン(ラップトップ)
愛用のレッツノートを持参。最近のACアダプタは基本的に電圧の違いに対応してくれるので、コンセントのアダプタだけ用意すれば大丈夫(ACアダプタに何VまでOKか書いてあるので確認してください)。電源アダプタも高いので日本で買ってくることをおすすめ。ヨーロッパなど国外に旅行することを考えると全形状対応のやつが便利。

こういうのとか。

ちなみにプリンタはこっちでも安く買えるので無理して持ってこなくても大丈夫。インクは高いけど、まあそういう商売だからしょーがない。

・タブレット
iPadなどのタブレットはあると何かと便利。BBCのiPlayerやその他動画サイトもテレビ代わりに見られるし、論文PDFを読んだりすることもできる。私は論文に関してはプリントアウト派だったけど、中にはメモもiPad上で書き込んで取っているクラスメイトもいた。

ちなみにBBCの番組をリアルタイム視聴するにはTVライセンス(NHKの受信料のようなもの、けっこう高い)が必要ということになっているので注意。過去番組を視聴する場合や、寮のコモンルームのテレビなどですでにライセンス料が払われている場合は大丈夫です。

ちなみに日本から持ってきたiPhoneはロック解除してないので電話としては使えなかったけど、WiFi端末としてかなり活躍しました。ロンドンの無料WiFi環境はすごいです。大学はもちろん、カフェやパブ、デパートなど、どこにいってもたいてい何かしらつながる。メールアドレスの登録が必要になることが多いので、気になる人はフリーの捨てアド作っていくといいかも。

| | Comments (0) | TrackBack (0)