Posts categorized "渡航準備"

December 17, 2014

選挙の話・追記

今回の選挙も終わりました。投票率が低かったと言われているのは残念ですね。私なんてしたくてもできなかったのに!

さて、前回の記事でも書いたように、うっかりしていると投票権を失ってしまうことがあります。しばらく選挙はないだろうと思っていても、突然「解散!」という自体になることがありますので、空白期間を作らずに選挙人名簿に名前を載っておくにはどうすればいいかということを考えてみましょう。

では、まず大まかなルール。

・転出後、4ヶ月は前の住所の選挙人名簿に載っている。
・転入後、3ヶ月で新しい住所の選挙人名簿に載る。
・在外選挙人名簿に載るためには在外公館での手続きが必要で2ヶ月ほどかかる。
・在外選挙人名簿への登録は3ヶ月以上の在住が条件だが申請はそれより前にできる。

ということのようです。

ここで何ヶ月というのは、実際には「○月○日までに届出済み」というような条件になるので、実際の居住期間とはズレが出てきます。したがって、余裕をもって申請しておいた方がよい。

と考えると、

留学等で3ヶ月以上海外に滞在する時は、海外転出して2ヶ月以内、余裕をもたせるなら1ヶ月以内に在外選挙人名簿への登録申請を済ませておく

というのが良いのではないかと思います。

当面、国政選挙がなさそうであっても、帰国後にも響いてくることなので、一応申請しておいた方がいいと思います。在外選挙人証というのももらえますし。ブログのネタにもなるんだから申請しておけばよかったと思いました(笑)。

ちなみにどこかでこの「選挙人名簿」に名前が載っていることが選挙で投票できる条件なので、家に届く整理ハガキはなくても大丈夫ですよ。自分の住所地の投票所がわかっていれば、そこで名前を言って確認してもらって投票することができます。帰国直後で国内住所の選挙人名簿に載っていない期間は、在外選挙人証を提示することによって投票できます。


意外と誰も教えてくれないことなので書いてみました。

先達が勝ち取ってくれた大切な権利をきちんと行使するようにしたいですね。
とか教員ぽいことを言ってシメてみる。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

December 08, 2014

ショック!投票できない

12月14日は衆議院議員選挙と最高裁判所裁判官国民審査の投票日です。

投票整理はがきが届かないなあ。海外転出してたから?
帰国してもう三ヶ月以上経ってると思うんだけど…

いやな予感もしつつ、とりあえず区の選挙管理委員会に電話で問い合わせてみたところ、

今回の選挙では投票ができないことが判明!ショック!

まとめるとこういうことです。

・区内に9月1日までに転入の「届け出」をしており、継続して12月1日まで居住していなければならない。

私の場合、8月30日に帰国していましたが転入届を出したのが9月8日だったので、ギリギリ間に合わず選挙人名簿に載っていないということです。異動日ではなく「届出日」だというのがミソ。というかワナ…。マジかよ…。

・ただし、在外選挙人証があれば投票できる。

のですが。在留届はオンラインで出してあったんだけど、在外選挙の登録は大使館まで出向かなきゃいけなくて、手続きしてなかったんですよね…。というわけで在外選挙人証も持っていないので、今回は投票できません…。

在外登録の段階で横着した自分が悪いと言えば悪いんだけど、たったの一週間。転入した日だったら間に合ってるじゃん。と思うとなんかすごい悔しい…。しょうがないとは思うけど微妙に納得いかないよう。


というわけで、

留学などで海外に出る(出た)皆さん。在外選挙人名簿への登録は間髪入れずに行いましょう。そこに三ヶ月以上居住することが条件ですが、三ヶ月未満の時点でも申請は行えるようです。

外務省|在外選挙人名簿登録申請の流れ

在外選挙人証の発行にも二ヶ月ほどかかるそうです。

選挙人名簿に名前が載っている皆さんは、せめて投票に行って選挙権を行使してください。
私の分まで…(;ω;)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

August 29, 2013

いろいろ片付けて、出発!

渡航準備のカテゴリで記事を書くのもこれで最後。

出発日の今日、夜9時台のエティハド航空を使うので、日中は時間がある。
朝からいくつか用事を済ませる。

(1)区役所に行って転出届を出す
寮の住所を書いて出した。海外転出ということで来年の1月1日現在に住民票がなくなるので、来年(というか、再来年?)の住民税は非課税になるはず。ちなみに印鑑登録も抹消されるので、戻って転入届を出す時にまた登録し直さないといけないらしい。

(2)携帯電話の利用休止手続きをする
イギリスでは現地携帯を買って使おうと思っているので、今の携帯はAUショップで利用休止の手続き。海外渡航のためと伝えるといつからにしますか?と聞かれた。空港までは使いたいので「明日から」ということでお願い。電話番号・メールアドレスをキープして、手数料2100円+月額390円。一年だと安いプランにするよりも休止した方がお得。
ちなみに今使っているiPhoneはWiFi端末として使えるのかと聞くと、「一応使えるのですが、動作保証はしていないため、使えますというご案内はしていないんです」とのことだった。

お菓子を買ったりして、あとはひたすら家の大掃除。荷物はあらかた実家に運んだので、物が少なくて部屋が広い。いつもこれぐらいで暮らせるといいんだけどなー。戻すことを考えると気が重いな…。

ゴミを捨てて、あちこち拭いていると、次から次から「あ、ここも汚い」「あ、これも捨てなきゃ」というのが出てくる…。もう最後は時間切れで家を出た。弟よすまん。あとは頼むぞ。

留学保険は結局申し込まなかった。これは、NHSがあるというのもあるけど、私学共済で海外治療費が出るというのも大きかった(全額保障ではないが)。考えてみたら行っている間も私学共済の保険料は結構な額を払い続けるわけで、その上に二重に掛けることもないかなと思って。盗難とか医療費以外の問題が起きないように注意しないといけないけど…。

ちなみに留学保険、一年となると大体10万から15万ぐらいする。二人分だとなかなか厳しい。でも朝日火災海上保険では7万円台からのプランもあった。もちろんそのぶん補償額はおさえられているけど、最低限でいいという人にはおすすめ。(nabochaさんに教えて頂きました)

* * *

成田に着くともう出発2時間前。すぐにカウンターでチェックイン。スーツケースを3個預け入れ。合計56.9kgだったかな。一人30kg×2で60kg制限なのでセーフ!

手荷物の方は7kgという制限だったので、コートを着込んだり必死にやったのに、こっちは重さ測らず。バイオリンケースも大丈夫だった。(一応3辺測って115cm以内だったので大丈夫だとは思ってたけど)

そして乗る段になってから、預けたスーツケースに鍵をかけ忘れたことに気付く。うおー。大丈夫かなあ。手荷物に入れるつもりでスーツケースに入れっぱなしになっている物もいくつかあるし、やはり大掃除で疲れていたのか、手抜かりが多い…。まあ、しょうがない。さっそく「保険に入っておくんだった」と後悔することにならぬよう祈るばかり。人も荷物も無事に着きますように!!

(以上、トランジット待ちのアブダビ空港にて更新)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

August 20, 2013

準確定申告してきた

以前も海外滞在中の税金について書いたが、一年間非居住になるということで出発前に確定申告(準確定申告)をしてきた。

ふだんは年末調整だけですませているので、初めての確定申告。とりあえず関係ありそうな書類を持って税務署へ。今月末から出国するという事情を話すと、係りの人が来て一緒に確認しながら申告書を作ってくれた。親切で感じの良いお姉さんでした。

必要書類は…

1)源泉徴収票
今月までの源泉徴収票を人事に頼んで出してもらう。給与明細と一緒に送られてきた。

これが基本で、あとは控除に必要な書類を準備。

2)保険料控除(地震保険・生命保険の控除証明)
保険会社に電話して、送ってもらうように依頼。地震保険はすぐに送られてきた。生命保険の方は保険料の引き落とし前だったので、振込用紙を送ってもらって入金して送ってもらった。

源泉徴収票や保険料の控除証明のようにふだんは年末に送られてくる書類については、こっちから請求しないといけないので、あまり出国ギリギリにならないように注意。

3)寄付金控除(領収書・「特定公益増進法人」認定書)
いつもは確定申告するのが面倒なので寄付金控除もいいやとほったらかしだったんだけど、せっかくなので今回は出してみた。寄付金の領収書と寄付先の団体が控除の対象になるよという認定書類の写し(寄付した時に送られてきた)を提出。

4)医療費控除(領収書)
10万円を超える医療費も控除になる。これも今回たまたま歯医者で保険外治療をして10万円を超えたので出すことにした。

などなど計算してもらって、還付になることがわかったので受け取る銀行の口座番号を記入。

さいごに印鑑をお忘れなく!
私は持って行くのを忘れて拇印をおしました。とほほ。

でも印鑑って、登録されてる実印ならともかく、認印だとその人であることの証明にほとんど意味をなさないと思うんだけどね。何かと照合することあるのかな…。

さて、これで書類関係はほぼ終了。あとは荷造りと部屋の片付け。これが難関であるよ。もう来週出発だなんて信じられない…

| | Comments (0) | TrackBack (0)

August 15, 2013

国際免許証を作ろう

レンタカーを運転したりすることもあるかもしれないし、ID代わりになるかもしれないので、国際免許は作っていくと良い気がするよ。

ということで、免許センターに行ってやってきました。

必要な物は
・日本の運転免許証
・写真1枚(縦5cm×横4cm)
・パスポート等渡航を証明する書類
・古い国外運転免許証(持っている場合)
・申請手数料2400円

参照:国外運転免許証取得手続(本人による申請)/警視庁

手続き自体はちゃちゃっと終わった。いつも思うけど免許センターの人ってテキパキしてるよね。

写真はこないだビザセンターで撮ったやつを持って行った。4.5×3.5なのでダメなら撮り直しするつもりだったんだけど、「ちょっと小さいので余白入っちゃいますけどいいですか?」とだけ言われて、そのままOKだった。

日付は今日から一年間有効。だから、なるべく渡航ギリギリに作った方がいいわな。夫にはもうちょい後で行ってもらおう。

見た目はこんな感じです。

S20130815_200905

ブックレットになってて、開くと名前と写真があり、その下にローマ字でサインする。
提示を求められることもあるので、日本の運転免許証も一緒に持って行くようにとのことだった。
使い終わったら返納する。めんどくさいね。でも郵送も可だってさ。

なんかせっかく作ったら運転したくなるな。イギリスは日本と同じ、右ハンドル左通行みたいだし(^^)


さて、あとは源泉徴収票を待って確定申告して、荷造り!だんだんゴール、じゃなくてスタートが近づいてきた。他に必要なものあったかな?

そういえば国際学生証(ISIC)ってどうなんだろ、ブリティッシュカウンシルのオリエンテーションで何か言ってたような気がする、でも学生証は出るだろうからいらないかな…

などと思いつつホームページを見てたら、なんとTEACHERカードっていうのもあるのね!そういえば以前ブラジルに旅行した時、教員も割引になる施設があったなあ。「教員です」って言っても通じなくて、証明するものもないし涙をのんだものだったが、こういうのを持ってればいいのか。勉強になった。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

August 09, 2013

歯医者は終わった、寮は…

留学前に済ませておこう歯科治療。

ということで、タイムリミットも伝えた上で痛んでいた右下と右上・左上の奥歯の治療跡をやり直してもらった。もう二十年ぐらい前のアマルガム(水銀を含む詰め物)で、前々からやり直した方がいいと言われていたのだけど、やっと。時間が経ってヒビが入って中が虫歯になってたりしたみたい。

週一ペースで五回ほど通って、本日治療完了!右下と左上は保険外のセラミックにしたので結構かかってしまったが、今月確定申告するので医療控除ができるかな…。

さて寮の方は何度か催促して返信は来るものの、先延ばしされるばかりで相変わらず進展しない。
これまでの経緯はというと。

5月6日 IOEの寮にアプリケーションフォームを送信。
5月7日 「アプリケーション受け取りました」とメール受信。
7月20日 「ビザ下りたんですけど部屋はどうなってますか」とメール送信。
7月22日 「もうすぐお知らせできます」とメール受信。
8月3日 申込内容を再度書いて「部屋があるかどうか早く知りたいです」とメール送信。
8月6日 「今審査中。木曜午後までに連絡なかったら教えて」とメール受信。
8月9日 「金曜朝になりましたがまだ連絡ないです」とメール送信。
8月9日 「マネージャーから2~3営業日中に結果を連絡します」とメール受信。

うーむ、だめならだめでロンドン大学の他の寮とかフラットとかハウスシェアとか探すんだけども。2~3日ならとりあえず結果を待つか…。

今年度のフォームが出来てないぐらい早くに申し込んだのに、こんなに待たされるとは。King's Collegeのキングス先輩は去年7月末には連絡が来たというし、Intercollegiate Hallに8月に入ってから申し込んですぐにofferが来たという人の話も聞いて、ちょっと焦っている。やっぱりプレッシャーかけるには電話かけないとだめかね?

| | Comments (0) | TrackBack (0)

July 19, 2013

海外滞在中の税金と航空券

一年以上海外在住となる場合、日本では「非居住者」の扱いになり、所得税が非課税になるのだそう。

居住者と非居住者の区分(国税庁)
非居住者等に対する課税のしくみ(国税庁)
海外出向と所得税額の精算(国税庁)
海外出向者が帰国したときの確定申告(国税庁)

私の研修は海外勤務扱いになるということなのね。

住民税も、1月1日現在の住所をもとに課税されるので、その時に海外在住であれば非課税になる。住民票うごかすのめんどくせーと思ってたけど、ちゃんと届け出ておいた方がよさそうだ。
納税義務者が国外へ転出されるときの市民税・都民税の手続きについて(八王子市)
↑これは八王子市の説明ページ。やたら詳しい。

人事からは出発前に確定申告をすることと、なるべく余裕をもって一年以上の滞在になるようにすることを指示された。

しかし、ビザの日付は8月30日でそれ以前の入国はできず、9月に入れば二学期が始まってしまうから、余裕をもってというのはなかなか難しい。8月29日か30日に出国して8月31日か9月1日に帰国するなら、一応一年以上ってことになると思うんだけどもね。

心配なのは、往復航空券だとギリギリ一年以内になってしまうことなんだよね。ジレンマ!それもあって片道で買うか往復で買うかかなり悩んだのだが、途中で一時帰国する可能性もあるので、とりあえず往復で買っておくことにしようと思う。復路が確保されてないと不安だし。一時帰国をはさめば9月に食い込んで帰ることもできるので、そのつもりで。

一年以上の予定が変更になって早めに帰国した場合も、行っている間は非居住扱いにしてもらえるということなので、ちょっと安心。(ちなみに短期の予定が変更になって一年以上という場合は、予定が変わった時点から非居住扱いになるとのこと。さかのぼってはもらえないらしい)

航空券の手配は学校に来ている旅行業者の人にお願いしている。それというのも、助成金をもらうことになってる私学研修福祉会の方で、見積もり・領収書が「旅行日程に従い経路を記入し、政府登録国際旅行業者が作成のもので、旅行業者・担当者の明記されたもの」でなくてはいけないという縛りがあるため。

自分で格安航空券を手配してもいいんだけど、登録業者だ担当者だというのがなかなか面倒くさそうなので、もうはじめからお願いしちゃうことにした。すでに何回も色んなパターンで見積もりを出してもらっていて、かなり助かっている。

助成金では航空運賃の半額を出してもらえることになっている。とてもありがたいのだけど、航空運賃以上にサーチャージや諸税の金額が高いので、実際にはあんまりお得感はなかったりして…。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

July 13, 2013

ビザ到着!

パスポートが届きました!
ビザもちゃんと貼ってあった!よかった~!

いったいいつ届くのか、大丈夫なのか、不安で検索しまくってた私のような人のために(笑)、どんなスケジュールだったか書いておきます。

7月1日(月) 東京で申請→マニラへ移送 [Your visa application has been forwarded to the British Embassy]
7月2日(火) マニラで審査 [Application under assessment at Visa section]

7月11日(木) 審査終了、発送のメール連絡 [Processed application in transit]
7月12日(金) 郵送にまわる [Processed application returned to courier]
7月13日(土) 郵送で受け取り完了

申請から受け取りまで二週間弱。優先サービスなしだとまあこんなもんかな。

最初は書類の不備があったんじゃないかと気になって、こんなに心配するなら優先サービス申し込めばよかった!と思ったけど、だんだんまあ大丈夫かなという気もしてきて、忙しさにまぎれて忘れかけたころに発送のメールが来た。という感じ。

いざ来てしまうと、なんであんなに心配したんだろうと思うけど、やっぱり手もとに届くまでは落ち着かないものだ。

ちなみに返送されてきたのは、パスポート(新旧2冊)と、コピーを出してある書類の原本。戸籍謄本とその翻訳。戸籍謄本と翻訳が返ってきたのはうれしい。入学手続き用に新たに用意しなくてすむわ。

とにかく無事に発給されてよかった。いよいよ航空券を手配するぞ。今度は往復で買うか片道で買うか、そこが問題。どうしようかなあ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

July 11, 2013

UKBAからビザ発送のメール

マニラのUKBAからメール着信。
タイトルは「UNCLASSIFIED: UK Visa Application: UKBA-Manila Visa Hub」

いきなり否定の接頭辞が来てびびるのだが本文を見ると、

Your visa will be despatched shortly. Passports can normally be collected from the Visa Application Centre after 3 days.

ということで、待望の審査終了メールのよう。
「Your visa」と書いてあるということは、ビザがおりたと解釈してよいのだろうか。
手元に来るまで安心できない…。早くきてー。

追跡の方もstatusが「Processed application in transit」に変わっていた。

S20130711_165126

ちなみに「UNCLASSIFIED」を辞書で引くと
・未分類
・機密でない
という意味だそうです。
それ顧客向けメールのタイトルに要りますかね。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

July 08, 2013

保険と歯医者のこと

留学中の保険をどうしようかと思案中。

イギリスはNHS(National Health Service)という保険制度があって、登録医にかかると治療が無料になる。ロンドンオリンピックの開会式でもNHSを紹介するパートがあった。留学生も6か月以上の滞在だと加入ができるらしい。ただしかなり待たされるらしいのと、薬や歯科治療は適用外でお金がかかる。

それから今加入している私学共済も海外医療費をカバーしてくれる。ただ国内の相場で金額を計算するので、全額出るかどうかはわからないとのことだった。

プライベートの病院にかかれることとか盗難その他の事態を考えると、留学保険にも入っておいた方がいいのかなあと思う。どこの会社のがいいやら調べてみないとな。ちなみに留学保険も普通は歯科が入っていなくて、入れると高くなる。

いずれにしても歯の治療はなんとしても国内で済ませておくべき。
ということで、歯医者に行ってきた。

実は治療済みの奥歯が以前からムズムズしていたのだが、最近噛むと痛むようになったのである。
かぶせた下が虫歯になっているとすれば深く削らねばならないことに間違いはなく、ビビリな私は「痛いと思うのは気のせいである」と心頭滅却しようと躍起になっていたのだが、いよいよ留学ということになって、向こうに行ってから痛くなっても大変なので、とうとう観念した。

近所にある歯医者が割と良いという夫の話を聞いて予約して行った。
まずレントゲンを取ってから、治療。ビクビクしながら「痛くないようにしてください」とお願いして、麻酔して治療してもらった。(麻酔の注射の前に表面麻酔までしてくれた)
おかげで全く痛くなかった。ほっ…。

どうも昔つめたアマルガム(水銀が含まれていてあんまり良くない詰め物)が割れて穴開いてたらしく、中が虫歯になっていたとのこと。

他にもアマルガムの治療跡があるので、できればやり直してから行った方がいいよと勧められる。夏休みに入ったら平日も通いやすいし、そうしようかなー。先生の腕も良さそうだし、衛生士や受付の人も感じのいい歯医者だった。ちなみに先生もイギリスに留学していたことがあるらしい。ほへー!

そんなこんなでしばらく歯医者通いになりそう。

このタイミングでアレルギー(鼻炎&アトピー)の方も病院に行っておこうかしら。さいきん病院行くのサボってて、薬飲まないでやってけてるけど、海外でなんかあったら怖いしな。英文の診断書とかお願いできたらもらっといた方がいいかも。

| | Comments (0) | TrackBack (0)