« IELTS第1回結果/単語帳アプリ | Main | IOEから返信きた! »

September 07, 2012

問い合わせメールを送る

8月に某所で実践発表したりする中で、長期研修ででやりたいことが少し見えてきた。

作文教育、特に対話を通じてどうやって考え、書けるようになるかということに興味がある。具体的には Writing Workshop や Writing Center のような実践を念頭に置いているんだけど、どのようにすれば効果的に生徒の書く力を伸ばせるか知りたい。こういう実践はイギリスやアイルランドよりアメリカかなという気もするけど、アメリカだと一年の修士ってほとんどないようだから…。とにかく英語圏の実践や理論を学べればいいかなと思っている。

とりあえず今までに見た中でここかな、と思うのは以下の二校。

-Institute of Education, University of London / MA in Effective Learning and Teaching
-School of Education, Trinity College Dublin / MEd in Co-operative Learning

前に「アイルランド留学とかいいんじゃん?」とすすめてくれた友人が「出願の前に問い合わせをしておいた方がいい。学校に合うか合わないかもわかるし。」と言うので、メールを送ることにした。この友人は英語ができるので、作文を親切に手伝ってくれた。(以下、英一郎さんと称する)こんなの一人じゃできなかったよー。本当に感謝。足を向けて寝られない。

メールには次のようなことを書いた。

-2013年秋から一年間、留学希望である旨
-これまでの経歴(大学・大学院の専攻と現在の職場および業務)
-現在の関心(上に書いたようなこと)
-私の関心に照らして当該コースへの出願が適当かどうか
-その他、何か助言はあるか

TCDはコース担当のメールアドレスに送信。したら、次の瞬間に「I am on annual leave until Friday 14th September. 」から始まる不在メールが返ってきた。がーん。急ぎの場合はこっちにコンタクトしてね、というアドレスもついてたけど、まあ一刻一秒を争うわけではないので、担当の人が帰ってきてから再送することにする。

IOEの方は、Richard Andrews先生に出した。Andrews先生は私が出願しようとしているコースの担当ではないんだけど(ていうかDean of Facultyって書いてあるんだよな、学部長ってこと?偉い人なんじゃ…)、「レクチャーに出て、本も読みました!」というのも書きたかったので。実際、本は面白いのだ(まだ読み終わってないけど)。

さて、返信がくるか。ドキドキ。

|

« IELTS第1回結果/単語帳アプリ | Main | IOEから返信きた! »

留学準備」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/76760/57565234

Listed below are links to weblogs that reference 問い合わせメールを送る:

« IELTS第1回結果/単語帳アプリ | Main | IOEから返信きた! »